これだけは押さえよう!ホームページ制作のポイント

見る人の視点に立ったホームページを作る

ホームページを作ろうとすると始めて作る人は情報を詰め込みがちになります。情報を詰め込むと何が起こるかというと、何も伝わらないホームページになるということが起きます。ホームページを見る人がそのページを見た時にどう思うかという視点が欠けているのです。見やすいという点もそうですが、スピードというのも忘れがちなものの一つです。回線速度はある程度限られているので、情報を詰め込みすぎていると重くて動きが鈍くなります。ホームページを開いてすぐに見れないと、そのページは閉じられてしまいます。情報を多くしすぎてもいいことはないのです。見やすくわかりやすいホームページの方が見る人にとっては良いです。始めから見る人の視点に立って作ると、かなりシンプルで分かりやすい物になるでしょう。

ホームページは売りが分かるようにすると伝わるものになる

ホームページの目的がはっきりしていないと、作ってもあまり意味がありません。ですので、ホームページの売りを何にするかということを考えて作ると良いです。商品を前面に出すのか、会社説明を前面に出すのかで作り方は異なります。情報を伝えたいだけなら、写真や絵を多くすることで分かりやすく伝えられます。売りを商品にしたいのであれば、商品についての詳しい説明の他に商品に纏わるストーリーなどを加えると商品を身近に感じてもらうことができます。ホームページは一方的に情報を提供する媒体ですので、お客さんの共感を得るという点を重視する良いホームページになるのです。お客さんが見て役に立つ情報を。分かりやすくまとめることができれば合格点がもらえるホームページになります。

HP作成を業者に頼めばかっこよく作成できますが、作成料がかさむため自分でも専用ソフトを利用することで簡単に作成、編集ができるソフトもあります。