何が違う?人気ホームページの共通点

閲覧者のニーズを分析してコンテンツに反映している

手間暇かけて作ったホームページのアクセス数がまったく増えない場合、「人気サイトと比べて、自分のサイトはどこに問題があるのだろう」と悩む人は多いでしょう。運要素、あるいは人脈があるかどうかといったことが関係しているのではと考え、人気サイトに対して嫉妬する人もいるかもしれません。
しかし、人気サイトを研究してみると、共通して持っている「アクセス数が増える理由」が存在していることが多いです。では、具体的にどういった部分が人気サイトの共通点といえるのでしょうか。
まず、閲覧者がなにを期待してホームページを見に来たのかをよく調べていて、そのニーズに合ったコンテンツの提供に徹しているということが挙げられます。

SNSとの連動を意識している

たとえば、新しもの好きの閲覧者が多いと分析したら、従来のものを掘り下げていくようなコンテンツではなく、新製品や新サービスをどんどん紹介していくコンテンツを作ることで閲覧者の期待に応じるわけです。
コンテンツは豊富でもアクセス数が増えないサイトの場合、内容がホームページ作成者の独りよがりになっていることがよくあるので、閲覧者がなにを期待してアクセスしているのか、アクセスログに記載されている検索キーワードなどを参考にして調べてみるといいでしょう。
また、人気サイトはSNSと連動していることが多いです。たとえば、記事の下部についているアイコンをクリックすると、閲覧者が簡単に自身のSNSアカウントから、その記事のURLを発信できるといったものです。なので、アクセス数が伸び悩んでいるなら、SNSとの連動を意識してページを作ってみましょう。